IMG_6481-e1491013590137
3/24、新潟テルサをお借りして清新ハウス27期の経営方針会議を行いました。先ずは今期26期の反省をしました。成功・失敗から何を学んだか?それを活かさなければ改善成長はありません。今期私の最大の反省は「PDCA」が出来ていなかったことです。計画はしっかり立てたものの、それに対する実行力が足りなかったことです。よって計画した内容の結果が出なかったことです。
315-e1489401116224
いよいよ本日で公開終了となる「越後現代町家」。ベースとゲヤの構造で組み合わせる独特の構法で、通し柱は120*240の平角スケルトン。登り梁構造で大空間を構成。耐震等級は標準で2に設定しておりますが、3にも変更が可能です。穏やかでさわやかな色味のベースにギングロなどの色みでシャープさを表現するゲヤ。この2つの組み合わせで立体的になり、外観を締める。そんな越後現代町家ですが外構のこだわりは外せません。
127-e1489401149322
越後現代町家公開残り1日です。このブランドの標準仕様に「吊りデッキ」がございます。大きく突き出した登り梁からロッドで吊るす木製デッキです。奥行きはわずか700㎜程度ですが、布団を干したりと使い勝手の良いスペースとなります。また、建物正面のフェイスはこの吊りデッキによってガラッと変わる魅力的なアイテムです。
65-e1489401188380
昨日より開催しております『越後現代町家 シークレット見学会』初日より多くのご来場頂きありがとうございます。大変好評頂いておりますこちらの越後現代町家はソトとナカのつながりを深めた設計となっており、「暮らしを豊かに愉しむ」がコンセプト。広いLDKと水廻りへの回遊性のある導線。デッキと庭など見どころ満載です。
59-e1489295045990
昨日より公開した村上の家【光冷暖搭載 若蔵S】今回のお住まいの見所をご紹介致します。まずは「わざわ座 大工の手 オリジナルキッチン」です。奥様のこだわりであるオリジナルキッチン。面材から引き手まで個性が溢れる仕上がりに。食洗機もしっかり装備。
3d286c066077720590e492e614c9bbcc-e1488444315555
只今建築中の川口の家「越後現代町家」。本日は吊りデッキの造作を行っております。登り梁から吊るされるロッドに受けLアングル。そして床デッキと次々にパーツを組み立てて行きます。この越後現代町家は幅5450㎜以内が標準仕様に組み込まれております