若葉町の家の軒天は垂木現し

IMG_1800-e1471836019805
現在施工中の若葉町の家「若蔵 光冷暖」。こちらの軒天は垂木の現し仕様です。45*105の垂木が227.5㎜ピッチで入ってます。塗装はウッドロングエコを。塗ってすぐにグレー色となり、落ち着きさが出てきます。
軒の出とウッドロングエコ塗装
外壁はガルバリウム鋼板の横張りにて。個性があります。実はこの組み合わせは土間コートと同じ仕様です。
内部造作
内部の造作も終え、一旦大工さんは引きました。これから内装工事に入ります。光冷暖仕様につき、壁天井はセラミック入りの漆喰塗りとなります。ホワイト色で一気に内部が明るく映えてきます。

木造薪棚を造りました

薪棚造作施工事例
お客様よりご依頼頂きました「薪棚」を造作致しました。桧土台と杉柱で造りました。屋根は雨音防止を意識しアスファルトシングル材にて。奥行き900㎜と2列仕様。高さは2000㎜もあるのでかなりの大容量。これで今年の冬に向け薪を準備出来ます。
薪棚造作施工事例

薪棚造作施工事例

のびのび環境でいい時間を過ごす家 地鎮祭着工式を執り行いました

地鎮祭
いよいよ始まりました。のびのび環境でいい時間を過ごす家「若蔵」H様邸。先日地鎮祭と着工式と地鎮祭を執り行いました。毎回日除けも考慮しテントを張って地鎮祭を行いますが、今回の敷地はとても広く周りにはほとんど何もないので影が出来ませんでした。
唯一敷地に生える大きな柿の木が日陰の頼りでした。35度超えの猛暑の中、大変お疲れ様でした。これから12月竣工に向け工事は進んで行きます。周りは田んぼと畑でほとんど車の通りもなく静かな田園環境。ゆっくりと流れるいい時間を堪能できる住まいとなることでしょう。また薪ストーブを導入するので、お引渡し時には早速薪ストーブの遠赤外線の心地よい暖かな室内環境を体感できることと思います。竣工が楽しみですね。
地鎮祭
着工式
▲ このページの先頭へ