六曜を信じるかどうか?

六曜を信じるかどうか?これを知ってからは私は全く気にしなくなりました。

もう3月も今日で終わり。ふとカレンダーを見ていたらそんなことを思い出してみました。

普段日常生活において頻繁に用いられる六曜。祝い事などには特に気にされます。もちろん建築工事においてもよく話に出ます。

実はこの六曜、昔の天気の呼び名だったそうです。

・・・へ?

・・・は?

て、感じです。

大安は一日中晴れの場合。

先勝は朝方は晴れたが昼は曇り、夕方は小雨の場合。

先負は朝方は小雨で昼は曇り、夕方は晴れた場合。

赤口は朝と夕は曇って小雨で、昼時に太陽が少し出た。

物滅は一日中大雨の為、山が見えなくなったばかりか、近くのお宮の木も見えなくなった場合。つまり物が滅したことに。

友引は同じ天気が2日間続いた場合の呼び方。梅雨の季節に雨が何日も続いたら物滅の友引が何日も続き、梅雨があけて晴れが何日も続いたら大安の友引が何日も続くことに。

これは昔の中国の「天気の呼び方」で、その後これが戦いの時「占い」に使われるようになった模様。

日本に入ってきたのは鎌倉時代の終わり頃で、庶民の間に広く使われるようになったのは印刷技術が発達した江戸時代後期の文化文政の時代で、暦にこれが印刷されたことによるとのこと。天気の予測表です。

そのある印刷会社が暦に物滅を仏滅と勝手に変えて印刷して、これが尾を引き、結婚式た地鎮祭など祝い事は仏滅にしなくなったそうです。

なんとも言いようのない結果・・・

そうであればわざわざ六曜に振り回されてスケジュールがなかなか思うように決まらないのは納得出来ない・・・

という事で私は全く気にしなくなりました。

現在順番に六曜が並んでいるのはどうしてなのでしょうかね・・・笑






gasdf-e1459420443553

26期経営計画書

image87
ようやく26期経営計画書が上がりました。半年間かけて作成してきました。正確に云えば9年間。事業承継する時期から逆算して少しずつ、私の想いを綴ってきました。この計画書に至るまで様々なセミナーに参加して学び、経営著者、諸先輩方の話を参考にし、自分なりの言葉にまとめ作成しました。本格的にこれから新生清新ハウスが始まります。経営方針バイブルです。人の役に立つ為の方法が記されてます。清新ハウスの方向性も記されてます。3/29新たな門出の日になります。
いよいよ新生清新ハウススタートします!

リーダーへの伝言

image86
毎月会長から社員へ向けプレゼントされる本。

今月はPHP研究所発行『リーダーへの伝言』塙昭彦氏の本です。

この方はイトーヨーカ堂の中国進出の立役者です。

リーダーとしての様々な苦難苦労が書かれてます。

前向きな精神で事に当たり、部下の育て、リーダーとは?について熱く書かれてます。

スッと腹に落ち、分かりやすい内容。

明日へなモチベーションに繋がります。

1000万以内でやる!マンションリノベーション始めました。

P1380927-e1457083819523
P1380922-e1457083788646
1,000万円以内でやるっ!マンションリノベーション始めました!

・・・季節ものではありませんが、本格的にマンションリノベーション工事に取り掛かり始めました。


もともとマンションリフォーム・リノベーションは行っておりましたが、そんなに件数は多く有りませんでした。

弊社は木造住宅のイメージが強い様で、マンションも工事しますよとお話すると驚かれます。

これからはマンションのリノベーションも積極的にご提案していきます。

昨今、空き家問題はネットや新聞を賑わしております。マンションも空き部屋がかなりありますね。

ちょっとしたリフォームをするだけで綺麗に仕上がり、気分も変わります。

今回は、1,000万円以内で出来るフルリノベーション工事です。芯々面積54㎡のマンションをスケルトンにして一新するという内容で、予算は850万円(税込)です。

浴室もキッチンも水回り全て一新。



更にっ!!!!!



今回は予算の中に「光冷暖」を盛り込んでおります。

そうです。光冷暖搭載のマンションです。

以前にもマンションリノベーションで光冷暖を導入しました。入居者の方からは「とても暖かく、また涼しく快適だ」と嬉しいお言葉を頂戴しました。

そしてマンションリノベ光冷暖搭載第二弾です。



3日程度で解体が終わり、2LDKのマンション内部がスカッし、構造が現れてきました。

長年の劣化で、天井にクラックが入っており、雨漏れした後もあります。

断熱材がコンクリート躯体に打ち込みしてありますが、水染みがかなりありますね・・・

というのもこのマンション、10階建ての最上階なのです。

ですから雨漏れのリスクがあります。

また改修工事は地上より距離があるので、材料の搬出搬入やアクセスには相当の苦労があります。

眺めや景観が良い分、そういったリスクもあります。



さて、今回のリノベーションですが、もちろん清新ハウスのイメージである、「自然素材をふんだんに使用した内容」となります。

床には桧無垢フローリングと杉無垢浮造りフローリングを。

壁天井は、光冷暖専用KFT漆喰塗り壁を。

アクセントにモザイクタイルも予定しております。

そして、和モダンテイストで障子を多用。

その他、家具は大工の造る家具として、テーブル、イス、TV台等も考えております。

マンションのコンクリートイメージを払拭し、木を身近に感じ、優しい内部空間を造ります。

完成まで随時マンションリノベーション工事実況報告をしますので、ご予定のある方は是非参考にして下さい。

次工程は解体後の内法採寸からの詳細図面作成です。(古いマンションの為、詳細な図面が無いため・・・
泣)



▲ このページの先頭へ