薪割りで筋肉割り

薪割り
しばらく怠けていた薪準備。
ようやく調達出来たので、一気に薪割りを・・・

と思いきや、おっさんの体力は限界です。
一株20キロ以上はある玉木を約100個・・・無理です。
ひろまず30個ほどを。
以前張り切って腰で持ったらぎっくり腰になり、1週間まともに生活出来なかった経験があるので、今回は慎重に。
初めて円回内筋が攣りました。ひじを曲げれませんでした。衰えを否めません。やいや・・・
ちなみに今回は来年の分です。

造りこむウッドロングエコ塗装木造薪棚

玄関ドアと杉板張り
いよいよ来週に迫った阿賀野市沖ノ舘H様邸完成見学会。冬晴れの中、現場チェックを。
玄関ドアとウッドロングエコを塗られた杉の鎧張りがベストマッチしておりました。
板とガルバリウム外壁張り
外壁はガルバリウム鋼板と杉板。徐々に杉板が変色し自然な風合いになっていきます。コントラストも良い。
薪棚造作
快晴の中本日は薪棚を造作しております。
アスファルトシングル屋根材
屋根はアスファルトシングル材を。しっかり造りこみます。
薪棚造作ウッドロングエコ塗り
幅は4m、奥行きは90センチと大容量です。こちらもウッドロングエコを塗りました。環境に馴染む色味で暮らしを愉しみます。薪棚がビッシリ埋まるとすごく満足な私です・・・

薪の準備〜初体験

image17
弊社最年少の塚本に今日はチェーンソーの使い方を指導しました。初めて持ったチェーンソーは意外に重たい様でおぼつきません。薪の準備に一汗かいてもらいました。ちょいと水気が多かったので上手く切れませんでしたが、一先ず手応えはあったことでしょう。目立ても教えたので、次回は1人で2トンダンプ山盛り分位はやってくれるでしょう。笑い

伐採したての杉の木で薪づくりからの筋肉痛

先日弊社スタッフ宅の伐採したての杉を頂いてきました。


伐採したての木は想像以上に重たい、改めて実感させられました。


2m程の丸太は太さにも依りますが、大人2人でも持てません。


その重さの原因は水。木は水がほとんどです。


photo:01


早速チェーンソーで程よい長さにカット。


これまたなかなかしんどい作業。


直径40㎝*高さ10mの木を37㎝にコマ切り作業。1時間はかかりました。


photo:03


皮を剥いでみると、木の水分を見ることが出来ます。


photo:02

約40歳の杉の木。(年輪を数えてみました)

photo:04


試しに斧を一振り。


ピシャッ!と木の水が飛び散り・・・


photo:05


スゴイ量です。


こんなに出るとは驚き。これが重さの理由。


photo:06


弊社スタッフの相羽は斧で薪割り初体験という事で、少しやってもらいました。


へなちょこヒっぷり腰でしたが、少しずつ慣れてきたようで3株程割ってもらいました。

そこでギブアップにひひ

photo:07


これから冬に向け、乾燥させます。


もちろん相羽は筋肉痛になったのは云うまでもございません。


もちろん私も上腕二頭筋が攣り・・・


1株(直径40㎝高さ37㎝)は20kg程あります。


それを何十個か・・・


これで2年は安心。



斧で割る作業はかなり時間がかかります。

密かに薪割機購入を検討している今日この頃です。ガーン

▲ このページの先頭へ