金沢の古民家を探る。

IMG_9697-e1464998245312
金沢へ初上陸です。北陸新幹線が開通したことにより東京とつながり、観光客が増え非常に賑わっておりました。特に外国人を多く見受けられました。金沢と云えば重要文化財。駅周辺にもたくさんの文化財があります。古民家と歴史を学びにGOしました。
まずは迫力ある「鼓門」と「もてなしどーむ」に圧巻。
IMG_9706
金沢駅より車で30分程にある、「金沢湯涌江戸村」へ。ここは各地にあった古民家が集められ移築し、集団となっている村。国・県・市のそれぞれの指定重要文化財が10棟程立ち並んでおり、一気に古民家と歴史を堪能出来るナイススポット。
IMG_9707-e1464998277988

IMG_9736-e1464998294896
町家、商家、武家屋敷と身分によって違う古民家の造りを学べます。囲炉裏は様々な大きさがあり、鉤にも特徴があります。囲炉棚があったり無かったりと、当時の生活スタイルを見ることができます。
IMG_9741

IMG_9740
床の間の棚は斜めに造られておりました。デザインの一部ですね。
IMG_9737-e1464998319847

IMG_9732-e1464998334308
妻壁というか屋根方向へ向かう壁の高さは圧倒されます。真壁構造で骨組みを表す昔ながらの造り方。2階が十分に造れる高さです。
IMG_9729-e1464998352691
IMG_9784
大切なものを入れる倉庫。土蔵です。中はひんやりと涼しく、環境が安定している空間。
IMG_9787
部屋の横には庭へ通じる出入り口があり、その所に土間が。飛び石と三和土。風情を感じます。こんな場所我が家にも欲しいものです。
IMG_9739-e1464998378746
縁側は大きく開け、人を呼び込む造りに。
IMG_9747-e1464998393309
欄間も個性溢れる造りに。武家屋敷に多くあります。
IMG_9731-e1464998410855
IMG_9728-e1464998424830

IMG_9726-e1464998440944
広い玄関は使い勝手よく、多用途。現代の住宅の玄関とは真逆。雪国では広い玄関は非常に有効です。
IMG_9719
武家屋敷と云われるこの旧石倉家。寺の造りに似ている少疑問の残る建物でしたが、欅や栗の木を使用した立派な古民家です。
IMG_9710

IMG_9816-e1464998468790
茅葺屋根は町家の象徴とも云えます。煙を逃がす穴?現代ではドーマーとかいう所になるのでしょうか。排煙窓です。
IMG_9807-e1464998485231
丸く仕上げられた茅葺屋根はそれぞれの個性。
IMG_9815-e1464998496330
町家の裏方へ行くと屋根が・・・
なんとも襟足のような仕上がりに。あえて整えて無かったのか。
IMG_9800-e1464998512958
IMG_9796
ベンガラに塗られた外壁が印象的な商家。建物を環境から守るウダツも見れます。
IMG_97941
針葉樹が多い庭園。緑に溢れています。庭へのアプローチ造りの参考になりました。
IMG_9792
ベンガラ色の下見鎧張り。結構耐久性が良いとのこと。
IMG_9791-e1464998539901
この小屋組空間は「じゅんとうさんぺき」という金沢と高山の良質の町家に見られる構法だそうで、太い梁の上に数多くの束を立て相互に貫を通した造り方。
IMG_9789-e1464998559554
囲炉裏が欲しくなりました・・・家族で囲炉裏を囲い、団欒したらさぞ気持ちの良いことでしょう。ひとまず我が家はBBQコンロで我慢します・・・
▲ このページの先頭へ