便器交換で節水省エネ

本日は弊社で新築された方の便器交換工事でした。

あれから数年経ちます。実は便器に関しては新築時使用していた便器を再利用してたのです。

便器については10数年経っています。

便器などの住宅設備機器は毎日使うもの。使用頻度に依って故障頻度も異なります。

今回はシャワー便座が故障したとのことでした。

調べてみると、便器の形状より、年数が経っているので修理部品が無い状態。

現況の便器に合う新しいシャワー便座へ交換すると結構な金額になりました。

そこで、そこまで金額がかかるということなら、新しい便器に交換した方がお得ですよと、ご提案しました。

新しく便器を交換することで起きるメリットは、なんといっても「節水」が効果大です。

今までの便器は10リットル位水を使用してました。

今回の便器はなんと!4.8リットル。超節水!

年間の水道代を考えるとかなりお得です。(便座交換と便器交換の差)

だいたい修理部品の取り扱いは10年間と決まっております。

10年経過した製品は汎用パーツが使用出来なければ、交換という状況になります。

なんとも切ない話ですが・・・

しかし、10年も経てば電化製品も含め相当性能がアップします。

特に「省エネ」ということについては目まぐるしく向上してますよね。

何を使うかによって、家計費への影響は大きいです。

新潟で自然素材の最幸な住まいづくり            犬将軍日記
↓  ↓  交換後   ↓  ↓
photo:02

1年後水道代の変化をお聞きしたいと思います。

ありがとうございます。

ホームスタイル6で清新ハウスの家づくりを語りってます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
さつき野ECO住宅展モデルハウス建築中!

新潟で自然素材の最幸な住まいづくりを目指す             犬将軍日記 新潟で自然素材の最幸な住まいづくりを目指す             犬将軍日記
新潟で自然素材の最幸な住まいづくりを目指す             犬将軍日記 新潟で自然素材の最幸な住まいづくりを目指す             犬将軍日記

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

みんなの憩いのスペース『町家カフェ』オープン!

→詳しくはこちら

→ハウジングこまちで紹介されました!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
りんごのような家発刊しました!

良い家づくりが分かる!これから家づくりをされる方必読!

リンゴのような家公式サイト

新潟で自然素材の最幸な家づくり              犬将軍日記-リンゴのような家
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


■■■■■■■■■■■■■■■■■■

本物の自然素材の空間を体感が体感出来ます。

ぜんそく・アレルギー・シックハウス・化学物質過敏症などでお悩みの方にお勧めです。

清新ハウス スタッフブログ

新潟『越後現代町家』モデルハウス公開中!

⇒越後現代町家を見てみる



住まいの健幸塾で住まいづくりの不安を解消しよう!

⇒健幸塾のお申込みはこちら



噂の冷暖房『光冷暖』を体感してみる⇒光冷暖について



『宙に浮く家!エアー断震システム』⇒エアー断震について

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

新潟で自然素材の家を自由設計で建てる! 

お陰様で創業24年。完全地域密着型工務店

株式会社 清新ハウス

新潟で住宅の新築・リノベーション・リフォーム・不動産売買等住まいの事なら

何でもお尋ね下さい!清新ハウスホームページ→いらっしゃいませ!

〒956-0014 新潟市秋葉区福島167-2

お客様専用ダイヤル 電話 0120-395-047

TEL:0250-24-4151 FAX:0250-24-4151

定休日:水曜日・お盆・正月

見学会のご案内が最速で届く!便利なモバイル無料会員にエントリーしよう!

携帯でアクセス!

Twitterにて、現場つぶやき更新中!アカウント⇒@seishin_house

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

新潟で自然素材を使用した注文住宅会社
株式会社 清新ハウス
新潟施工エリア|新潟県新潟市(中央区 秋葉区 北区 西区 江南区 西蒲区 東区 南区)阿賀野市、新発田市、胎内市、村上市、北蒲原郡、中蒲原郡、東蒲原郡、西蒲原郡、岩船郡、三条市、燕市、 五泉市、加茂市、見附市、長岡市

施 工内容:「若蔵」「清蔵」「蔵里」「越後現代町家」自然素材の注文住宅、オリジナルデザイン、新築、住宅の建築のリフォーム、住宅のリノベーション、住宅 の自由設計注文住宅、自然素材の家、マンションリフォーム、店舗設計、風の出ない冷暖房【光冷暖】、宙に浮く家【AIR断震システム】

 

 

▲ このページの先頭へ