年末年始に土地が動く?

マイホーム取得について2019
新年が明け、2日目です。昨日は毎年恒例となる高龍神社へ初詣に。今年は個人的に後厄の年、昨年同様特別祈祷をして頂きました。
清く健やかに一年を過ごすため、身が引き締まりました。
併せて今年こそ身もスリムに最低8キロは引き締めようと思います。

さて、毎年年末年始には土地売買件数が増加傾向にありますが、弊社でも昨年末2件の土地のお申込みを頂きました。

増税はさておき、新潟県は雪解けの春から着工を希望する方が多いです。

当然その前に土地を決定しておかなくてはならず、秋くらいから検討を始め年末年始に土地を決める方が多いようです。

プランは土地が無ければならず、机上プランは出来ません。土地があって初めてその環境に合う設計が出来ます。

昔は土地を先行して現金で取得し、数年建物を検討して新築される方が多かったですが、近年は住宅ローンの金利低下と建築主の若年化で、土地と建物を一緒に計画していくケースがほとんど。

土地を寝かしておくことで掛かる固定資産税や融資経費の削減、土地の管理手間がかからないなど大きなメリットがあります。

一緒に計画することで、「これからマイホームを持つぞ」という気持ちの面でもモチベーションが高まります。

土地決定したら、併せて建物の設計を行っていきます。土地の決済と建物契約金などに必要な資金を融資タイミング考えながら進めていきます。

土地の申込みから特段何もなくスムーズに進めばおよそ6~8ヵ月程度で建物が竣工し、引っ越しをすることが出来ます。

2019年10月には増税が予定されておりますが、前回同様3月末までの契約分は10月以降の竣工でも8%の支払いで済むとされておりますが、今回は駆け込みで市場が混乱することを避ける為に、増税後に建てた方がお得な対策が練られております。

焦らずにじっくり計画していくことをお勧めしますが、建築の予算と収入によっては増税前に建築する方がお得な方もいますので、その部分についてはよく計算する必要があります。

ローコスト住宅や建売住宅を購入される方は増税前に取得したほうが良いかもしれませんが、一生に一度のビッグイベントであるマイホーム計画、それでもじっくり考えた方が宜しいかと思います。

親などからの住宅資金援助の非課税枠、省エネ住宅ポイント、住宅ローン減税などこれからマイホーム取得される方にとってはいくつかの特典がありますので、自分はどのくらい適用されるのかを是非調べてみて下さい。

増税2%の差を大きく考えるか小さく考えるか、価値観もありますが、それをカバーする制度があります。




【清新ハウス】

新潟県新潟市秋葉区福島167-2 
お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報 https://www.seishinhouse.com/event
Facebook https://www.facebook.com/seishinhouse/
Instagram https://www.instagram.com/seishin_house/

【HOUSINGGALLERY&CAFE 杜のテラスSAKURA】
新潟市中央区長潟1206-5
TEL:025-385-7094
定休日:毎週日曜、年末年始、GW、お盆
営業時間:10:00~16:00(早めに閉店する場合がございます)
Facebook https://www.facebook.com/morinoterracesakura/
Instagram https://www.instagram.com/morinoterracesakura/

【街の屋根やさん新潟店】
屋根工事専門店
http://machiyane-niigata.com/
お客様専用ダイヤル0800-888-4151

Facebook・Instagramでホットな最新情報配信中。
Houzzに登録中の新潟市秋葉区, 新潟県, JPのseishinhouse
▲ このページの先頭へ