人望

昨夜は親戚のお通夜でした。
45歳と、若くして亡くなりました。
雪が降り、-5℃、アイスバーンの中、多くの参列者にお越し頂きました。
あまりにも人数が多く、会場は溢れ、席が無く立っておられる方も。
弔電では温かい言葉ばかり。
最後まで、一生懸命仕事をして、仕事を愛していたとのこと。
人数もそうですが、相当な人望の厚い方だったんだなと感じました。
短い人生だったとも言われますが、長生きよりも中身が重要だと深く感じました。
我が人生をどう生きたか?
長さではなく、その内容が大切なんだと。
亡くなった彼の人生は、その参列者やメッセージを見れば一目瞭然。
ひしひしと伝わってきます。
幸せな人生だったと。
改めて人生の生き方を教えさせられました。
ご冥福をお祈り致します。

▲ このページの先頭へ