築100年超伝統を感じる古民家再生着工しました

古民家再生リノベーション
お盆明けより着手しております新発田市赤谷はS様邸。
こちらのお住まいは築100年超で伝統構法で建てられた素敵な佇まい。今ブームの「古民家」です。

拝見すると今まで愛着を持ってしっかりとメンテナンスし大切に住まわれてきたことが伺えます。

今回は今まで寒さ対策でふさがれていた大広間の天井を解体し、古民家ならではの豪快な梁や柱の構造を表す工事です。
併せて土壁漆喰塗りやサッシ交換なども予定しております。

先日モーグルロボットを使用し床下インスペクションをさせて頂きましたが、床下環境は築年数の割には良好状態でしたので、土台や根太は換えずに工事をします。

古民家好きの私にとってはこの着手が待ち遠しかったですね。

ということで久々の現場管理しております(笑)
古民家再生リノベーション
4.5帖中和室内装を解体していると・・・
化粧ベヤニを剥がしてみると何やら紙が見えてきました。
よく見ると昭和6年の新聞です。そのほか壁一面に当時の新聞紙が張られていました。まるで現代の気密シートの様です。
これは内壁ですが、昔の建物は隙間だらけですから、少しでも隙間を塞ごうとしたのでしょうか。

当時の新聞は現在とは逆で横書きは右から左に書いております。
歴史を感じる一コマでした。
古民家再生リノベーション
天井を解体すると梁と階上床下地が見えてきます。梁と同ゾロで根太が組まれています。材の色味からも過去にリフォームした形跡を確認出来ます。
この階上は現代でいう中二階。こちらの和室の壁を撤去し、大広間に光を入れ広がりをみせるリノベーションを行います。

約1ヶ月間の工期を経てこの古民家が再生し蘇ります。
▲ このページの先頭へ