古民家再生~仏間の天井仕上げ

古民家再生リノベーション
小屋組部では天井仕上げ真っ最中。断熱材施工後、杉の羽目板にて仕上げます。その後塗装を施し色合わせを。
古民家再生リノベーション
屋根高さまで5mはあるので内部足場をこのように組み作業足場をつくっています。
古民家再生リノベーション
100年超えの豪快な梁はまだまだ輝きがあります。木の強度はまだまだ上昇中。200年ほどかけて強くなっていきます。今まさに成長段階。何代にも渡って家族を守って行く強さを持っています。
古民家再生リノベーション
間仕切り壁空洞部にはボードを張り、漆喰の下地を造ります。
古民家再生リノベーション
きれいに仕上がってきました。これから塗装工事に突入します。
古民家再生リノベーション

▲ このページの先頭へ