土壁をカバーする古民家リノベーション

古民家再生リノベーション
古民家再生リノベーション現場リポートです。

伝統構法の家は真壁構造です。外壁部の土壁下地に漆喰塗りがスタンダード。壁は現在の在来工法と違い柱や梁を覆ってないため、柱と壁に隙間が生じるとそこから隙間風が入り込みます。
当然隙間を塞ぐことが必要ですが、この場合外部に外壁を張ることもありますが、今回は真壁の見た目の良さと回りとのバランスを考慮しGL鋼板で真壁部をカバーすることにしました。
古民家再生リノベーション
上屋と下屋との小壁です。土壁がむき出しになっております。狭い隙間になっておいるので当時はそこまで仕上げることを控えたのでしょうか。

今回の工事で風の吹き込みに対しても効果が発揮することでしょう。
▲ このページの先頭へ