薪棚の造作工事してきました。

2016.08.06
こんにちは、清新ハウスの近藤です。

先日、薪ストーブをお使いになられてるオーナー様より、薪を入れる棚を作ってほしいとの依頼をいただき、薪棚を作ってきました。

冬に備えてたくさんの薪をストックされてるオーナー様なので2列で積み上げられる奥行きにしました。

横幅は今後のことも考え、雨樋とエアコンのダクトに被らないようにしました。

雨樋、エアコンの入れ替えやメンテナンスがあってもこれで安心です。
IMG_3738
まずは庭の砂利をどけて独立基礎の位置を出すための遣り方という作業をします。

穴を掘り独立基礎の周りをコンクリートで固めてがっちりさせます。
IMG_37391
翌日本格的な棚の造作にかかります。

といっても担当した大工の高橋棟梁。

作事場にてほとんどを組み立ててくれたので現場作業はスピーディー。


IMG_5137
そんな高橋棟梁。。。
IMG_5139
棚の床材を施工するときは必ず靴を脱ぎます。

たとえ外に設置する棚であろうとも材料は絶対に汚さないんですって!(^^)!大工の鏡です。
IMG_5150
これだけでもいいような気はしますがここで終わらせませんよ清新ハウス。

屋根職人だった私の出番です。

屋根に改質アスファルトルーフィングで下葺、屋根材はアスファルトシングル材を使用しました。

シングル材を敷くときに、建築業界では当たり前のことなんですが、見栄え良く雨漏れにも対応するちょっとしたテクニックを施してきました。

まだまだ腕は衰えてなかったです。

IMG_5156
完成全体像はこちら。
IMG_5154
仕上がった棚をご覧になったオーナー様は、「薪じゃなくて自転車入れて置こうかな。」なんておっしゃていました(笑)。

薪を詰めたころまたお邪魔させていただこうと思っています。

【本社 清新ハウス】
新潟県新潟市秋葉区福島167-2 お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報  https://www.seishinhouse.com/event
Facebook   https://www.facebook.com/seishinhouse/
インスタグラム https://www.instagram.com/seishin_house/
▲ このページの先頭へ