新潟県長岡市二世帯住宅三世代自然素材 壁紙について新潟県長岡市二世帯住宅三世代自然素材 壁紙について

こんにちは清新ハウス田中です。

現在新築中の長岡市宮関の家『WAKURAS』二世帯住宅では、大工による木工事が完了しようとしています。

大工工事が完了すると、ようやく内装工事に入って参ります。

和紙貼りや左官工事といった仕上げ工事が行われていきます。

今日はその中でも、弊社で用いている和紙壁紙についてお話したいと思います。

梁表しだけじゃない、構造材表しデザイン

和紙のメリットは、やはりビニールクロスにはない紙ならではの柔らかな風合いと表情が豊かであると言う事です。

紙のクロスには和紙に括らなければ、日本の伝統的な和紙もあればヨーロッパやアメリカなどの輸入壁紙もあります。

ビニールクロスの無機質な感じとは異なり、和紙は見ていても飽きません。

次に、材料が安心出来ると言う事です。

多くの和紙壁紙は、楮・三椏等の原料と自然の素材を組み合わせたものが主流ですので、安心してご使用頂けます。

他には、化学的な加工をしなくても機能性を持たせる事が出来ると言う事も挙げられます。

デメリットとしては、紙で出来ているので水が染み込んでしまったらシミになることや、汚れが落ちにくいこと、ジョイントと呼ばれる、壁紙と壁紙の境目が目立ちやすいことなどが挙げられます。

二世帯住宅三世代住宅新潟市長岡市三条市リビングダイニングキッチン和室

調湿の目的から珪藻土や漆喰等も仕上げに多く用いられますが、安く施工できるものではありません。

和紙は珪藻土などに比べると安価で、原料はケナフ、木材パルプ等の天然素材ですので調湿効果もあり有害物質がありません。

また紙なのでビニールクロスとは違い時間が経つにつれて風合いが出ます。

照明の明かりも柔らかく感じ、手触りも良いです。

性能にも優れ、空間を演出できるお勧めの壁紙です。

是非仕上げを選ぶ際には和紙も考えてみてはいかがでしょうか。


新潟市江南区完成見学会OPENHOUSE
\ご予約受付中!/
旗竿地でのびのび暮らす
「いからしさん家」
OPEN HOUSE

会期:2021年1月23日(土)~2月7日(日)
場所:新潟市江南区横越川根町

★詳細・ご予約は