瓦屋根から雨漏れ。修繕方法間違えていませんか?

2017.02.08
こんばんは。
クリエイトチーム小林が購入してきた数十年前の体操の本。
実践してみたらアクティブすぎてできませんでした(笑)
体の衰えを感じます。
中年真っ只中、清新ハウスの近藤です。

ご自宅の屋根が瓦屋根で雨漏れを経験された方はいらっしゃるでしょうか?
そんな時は屋根屋さんを呼んで直してもらうのですが。

やはりすぐに直せて安い方がいいですよね。
しかしそこが落とし穴。
安くて早いというだけでシリコンなどを表面に塗っているだけの修繕で終わらせいたらそれは不完全な修繕です。
一過性で雨漏れが直ることがありますが長くは続きません。
雨漏れの状況にもよりますが、瓦を一度剥いで下地から直す方法が良いかと思います。


数年前、瓦屋根の雨漏れ防止のため、屋根全体にシリコンを塗る業者がいました。
5~6人の職人が瓦と瓦の重なり目や瓦と壁の取り合いなどありとあらゆるところにシリコンを埋めていきます。
アッという間に屋根全体にシリコンを塗って帰っていくのです。
シリコンによって風による風害を避けることもできますが。
しかしこれは雨漏れを防止するものではありません。

IMG_6732
IMG_6747
このような施工をしてる屋根は要注意!
瓦の重なり目はとても重要で雨水が入っても外に出ていくように作られているのです。
シリコンを塗るということは雨の逃げ道をふさぐということになるのです。
それなら、シリコンで雨水の侵入経路をふさげばいいと思うでしょうが、シリコンの劣化は長いものではありません。
最初はよくても数年後にはほんの数ミリの穴から雨水が侵入して雨漏れを発生させるのです。

私が瓦屋の職人だったころ、シリコンで屋根全体が塗られた雨漏れ現場を何度も見てきました。
お客様にお話を聞くとほとんどの方が
「雨漏れ防止のためにシリコンを塗ったんだ。」
というようなことおっしゃります。
雨が漏っているところのシリコンにカッターで切れ目を入れると雨水があふれてくるんです。
雨水がせき止めされていた箇所の下地の様子がこちらです。

IMG_1291
屋根全体にシリコンを塗られている方、
このような雨漏れが起きる前に点検をお勧めいたします。


雨漏れのご相談は清新ハウスの近藤までご連絡ください。




【本社 清新ハウス】
新潟県新潟市秋葉区福島167-2 お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報  https://www.seishinhouse.com/event
Facebook   https://www.facebook.com/seishinhouse/
インスタグラム https://www.instagram.com/seishin_house/

【HOUSINGGALLERY&CAFE 杜のテラスSAKURA】
新潟県新潟市中央区長潟1206-5 TEL.025-385-7094
定休日:毎週日曜、年末年始、GW、お盆
営業時間:11:00~16:00(早めに閉店する場合がございます)
Facebook   https://www.facebook.com/morinoterracesakura/
インスタグラム https://www.instagram.com/accounts/edit/

【10坪の家 町家カフェ】
新潟県新潟市秋葉区美善1-5-35 TEL.0250-24-4000
定休日:毎週日曜、祝日、年末年始、GW、お盆
営業時間:10:00~17:00(早めに閉店する場合がございます)
Facebook   https://www.facebook.com/machisalo/
インスタグラム https://www.instagram.com/machiya_cafe/

Facebook・インスタグラムでホットで楽しい情報を配信中です!
普段見れないアットホームな社風も見れますよ~♪
ぜひフォローお願いします。







▲ このページの先頭へ