蔵里外観写真
5 人家族で暮らす32坪の住まいは「子供たちが走り回れるように」というお施主様の希望の壁付キッチンで、回遊性のあるLDK はスッキリとし想像以上に広くゆったりなった。オフホワイトの外観に1350㎜の深い軒の出と、そこから吊るした吊りデッキは家の前を通る人々の目を惹く存在感に。無駄を省きスッキリシンプルに暮らす住まいが完成した。
蔵里 新発田市富塚町の家外観
ラクール富塚にOPENした新しいモデルハウス蔵里。今回の蔵里は新たなデザインを取り入れた。越後現代町家でおなじみの吊りデッキとLDKウッドデッキ。そして迫力ある登り梁構造で建物フェイスを造った。LDKはシンプルに落ち着きある空間とし、2間続くサッシを開口すればフルオープンに。ソトとナカの繋がりを深めた。天気の良い日はデッキベンチに腰をかけてくつろぐいい時間を堪能してもらいたい。
パテオ西新発田蔵里外観
モデルチェンジして3棟目となる蔵里の家。モデルチェンジ後初の和室を設計。蔵里定番となる広いウッドデッキはソトリビングとして暮らしを豊かにする。また16帖のリビングダイニングを更に広くみせる。更に長期優良住宅仕様で高スペックな邸宅となった。 自然素材の家~注文住宅~長期優良住宅
光冷暖搭載蔵里外観
延べ面積32坪のエコな家をモデルハウスとして公開。2棟目となるあたらしい「蔵里」。大きな軒の出は夏の陽射しを遮り、大きな窓は冬の陽射しを取り入れる、といったパッシブデザインを取り入れた。庭も充実させ緑の間から流れて来る涼しい風を室内に取り込む。更に光冷暖搭載の蔵里は、24時間どこに居てもほとんど室温湿度がムラの無い快適空間を実現した。
新発田市薪ストーブのある長期優良住宅施工事例外観
フルモデルチェンジ後の蔵里の施工事例です。4間*4間の延べ面積32坪とコンパクトながら、子育て世代にちょうどいいサイズで家族の生活スタイルに合わせて設計するブランド。今回は薪ストーブを導入し、家中を温める設計で心地良い暮らしを実現する。長期優良住宅仕様で耐震等級2とし、末永い暮らしを守ります。南面に配置した大きいウッドデッキは通る人の目を惹く。