入り口に立つと、町家風の木格子の向こうに、ビオトープのある中庭(コート)と広い土間が見え隠れする。お隣さんが畑で採れた野菜を持って来る。そして土間のベンチでお茶でも飲みながら世間話をしていく。そんな昔からあった暮らしや風景を再現。

日本の住宅はかつては土間に台所があり土間を介してソトとナカがつながっていた。
土間には、そんな家族と来訪者をつなぐ思いも重ねられた。

土間と屋外は段差をなくして敷居を低くし、また特注のガラス戸で外に大きく開くことで、訪れる人をスムーズにナカへと招き入れる。土間に靴のまま入れば、一段高くなった床面はベンチとなり、たとえ寒い季節でも、一角にある薪ストーブがみんなを暖める。「この家にとって土間はヘソ、つまり中心なんです」。人の集まるところをヘソにする、それは人を呼んで一緒にいい時間を愉しむ「暮らし方」から住まいを考えた結果だ。

もちろん建物は、これまで清新ハウスが提案してきた自然素材をふんだんに採用。さらに太陽光発電を搭載し、風のない冷暖房「光冷暖」を設置することで「ゼロエネルギー住宅」を実現。設備ではなく、見えないベース、性能を確かにすることで、土間を中心にしたいい時間、いい暮らしを守ります。

リビングでいい時間を愉しむ
隠れ家的書斎でいい時間を愉しむ
一体になったLDKでいい時間を愉しむ
和室でいい時間を愉しむ
越後現代町家土間コートの家施工事例

越後現代町家土間コートの家施工事例

DMC00-10_SSH9775

越後現代町家土間コートの家施工事例

越後現代町家土間コートの家施工事例

越後現代町家土間コートの家施工事例

越後現代町家土間コートの家施工事例

越後現代町家土間コートの家施工事例

越後現代町家土間コートの家施工事例

越後現代町家土間コートの家施工事例

43d98e940cda5fae1c4dfa36d238e87c

新潟の厳しい気候に棲む為のアイテム「雁木」。

夏は日差しを遮り、室内の高温化を防ぐ。

また、冬は雪や雨から建物を守り、またアプローチとして暮らしを豊かにする。
DMC01-05_SSH9913

家の中に土間を設けることで暮らし方が広がる。

使い方は棲む人次第。

昔ながらの暮らしを現代に持ち込み、更なる新たな暮らしを創造する。

土間の仕上げは様々。お好みでどうぞ。
土間コートの家を設計する

新潟で自然素材の一戸建て注文住宅なら清新ハウスへご相談ください

自然素材リフォームやリノベーション【清新ハウス】 概要 /新潟

会社名 株式会社清新ハウス 一級建築士事務所
所在地 〒956-0014 新潟県新潟市秋葉区福島167-2
電話番号 0250-24-4151
FAX 0250-24-4152
フリーダイヤル 0120-395-047
メールアドレス info@seishinhouse.com
URL https://www.seishinhouse.com/
業務内容 住宅の設計・施工・監理
土地建物(不動産)の売買・賃貸・管理及び仲介
店舗の設計・施工
カフェ運営
古民家再生事業
家具販売
損害保険取扱店
説明 新潟で自然素材の木造注文住宅のことなら清新ハウス。無垢材を使用した一戸建てを自由設計で建てることが可能です。リフォーム・リノベーションも承っております。

おしゃれなデザイン住宅を自由設計で新築するなら清新ハウスへ。

LINEで送る
▲ このページの先頭へ