『BELS』という言葉を聞いたことはありますか?

Bビルディング=建物) E(エネルギー=省エネ) L(ラベリング=表示) S(システム=制度)


という「建築物省エネルギー性能表示制度」のことで、建築物のエネルギー消費性能の表示に関する指針」(ガイドライン)に基づき、新築・既存の建築物において、第三者評価機関が省エネルギー性能を評価し認定する制度です。

今までは非住宅用途の建築物に対しての制度でしたが、住宅にも適用されることになりました。評価対象は外皮性能や一次エネルギー消費量で、省エネ性能のランクに応じて5段階の星マークで表示され、BELS認定を受けることで省エネ性能を第三者機関よって客観的かつ公平に認められた住宅となります。

建築するお住まい省エネレベルが客観的に分かりやすくなり、5段階の星マークで表示されることで他と比較できます。BELSの値はBEI(buildingenergyindex)と呼ばれるもので建築物省エネ法の一次エネルギー消費量の基準に従い、設計一次エネルギー消費量が基準一次エネルギー消費量に対して何パーセントなのか?を算出し、クリアした基準の☆数をラベル表示しております。

BELS 清新ハウス
☆の数(ランク) BEI 補足
☆☆☆☆☆ 5つ星 0.8 ZEHレベル
☆☆☆☆  4つ星 0.85 新トップランナー基準レベル
☆☆☆   3つ星 0.9 認定低炭素住宅
☆☆    2つ星 1.0 2020年義務化レベル
☆     1つ星 1.1 既存レベル
※BEIは1.0を基準とし、5つ星は0.8となり、20%のエネルギー量が削減されているという表示になります。導入する冷暖房機器にもよりますが、原則5つ星性能とし、更にその上の性能にてご提案しております。

新築全棟BELS取得しております

BELS工務店」

「BELS工務店」とは、国土交通省が行う補助金事業“地域型住宅グリーン化事業”の中で生まれた言葉で、下記の4つの項目を満たす施工業者を「BELS工務店」としております。

●BELS取得経験がある。
●2020年までに、自社で建設する全住宅にBELS表示することを目標として掲げる。
●上記目標に対して物件の割合を報告する。
●国土交通省が行うBELS普及の取り組みに協力する。



2016年からスタートした制度ですが、清新ハウスでは2016年からBELS取得を実施しており、現在新築全棟に対してBELS取得を行っております。

現在、全国的にBELSを取得する建築会社はまだまだ少ない状況ですが、清新ハウスでは国の定める基準を大きく上回った省エネ性能で住まいづくりを行い、その証としてこのような認定を取得し、お施主様に安心してお住まい頂けるように取り組んでおります。
清新ハウスBELS取得率




LDK施工事例光冷暖搭載の自然素材の家
2018年竣工 I様邸新築工事 
ブランド:WAKURAS  
BEI:0.56
設計一次エネルギー44%削減
Ua値:0.47
※光冷暖導入
光冷暖搭載4人家族自然素材の家施工事例
2018年竣工 S様邸新築工事 
ブランド:WAKURAS  
BEI:0.60
設計一次エネルギー40%削減
Ua値:0.49
※光冷暖導入

広い庭とアソビを愉しむ子育て世代のイマドキの平屋】新潟市西蒲区 WAKURAS低炭素住宅施工事例
2019年竣工 T様邸新築工事 
ブランド:WAKURAS
BEI:0.69
設計一次エネルギー31%削減
Ua値:0.43
※高性能エアコン導入
BELS取得若蔵LDK施工事例
2020年竣工 M様邸新築工事 
ブランド:若蔵wakura   
BEI:0.61
設計一次エネルギー39%削減
Ua値:0.35
※高性能エアコン導入