越後現代町家シークレット見学会の一部 その弐

越後現代町家吊りデッキ
越後現代町家公開終了まで残り1日。

このブランドの標準仕様に「吊りデッキ」がございます。大きく突き出した登り梁からロッドで吊るす木製デッキ。
奥行きはわずか700㎜程度ですが、布団を干したりと使い勝手の良いスペースとなります。

また、建物正面のフェイスはこの吊りデッキによってガラッと変わる魅力的なアイテムです。
越後現代町家吊りデッキ
吊りロッドはLアングルを受け、木製の根太の上に床材を施工していきます。壁は板を横張りにし目透し仕上げに。

笠木は角を出し、見場を造ります。木部の色はお好みでどうぞ。


「越後現代町家」魅力のアイテムパーツです。
▲ このページの先頭へ