お住いの救命救急!清新ハウス!

IMG_0948
2016.12.14
こんばんは。
最近のマイブームはコーヒー牛乳。清新ハウスの近藤です。


本日リフォームOBのお客様の電球の交換にお邪魔いたしました。

「年をとると高いところが苦手で」とご主人。

はい!飛んでいきましたよ近藤!

寝室の照明のいわゆる豆電球が2か所切れてつかなくなっておりました。

近藤すぐに電球をもってきて交換いたしました。



住宅のお悩みは清新ハウスまでご連絡ください。




阿賀野市 新築工事 見学会ご予約承り中。
ぜひこの機会にお立ち寄りください。

00011
【本社 清新ハウス】
新潟県新潟市秋葉区福島167-2 お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報  http://www.seishinhouse.com/event
Facebook   https://www.facebook.com/seishinhouse/
インスタグラム https://www.instagram.com/seishin_house/

【HOUSINGGALLERY&CAFE 杜のテラスSAKURA】
新潟県新潟市中央区長潟1206-5 TEL.025-385-7094
定休日:毎週水曜、年末年始、GW、お盆
営業時間:11:00~17:00(早めに閉店する場合がございます)
Facebook   https://www.facebook.com/morinoterracesakura/
インスタグラム https://www.instagram.com/accounts/edit/

【10坪の家 町家カフェ】
新潟県新潟市秋葉区美善1-5-35 TEL.0250-24-4000
定休日:毎週日曜、祝日、年末年始、GW、お盆
営業時間:10:00~17:00(早めに閉店する場合がございます)
Facebook   https://www.facebook.com/machisalo/
インスタグラム https://www.instagram.com/machiya_cafe/

Facebook・インスタグラムでホットで楽しい情報を配信中です!
普段見れないアットホームな社風も見れますよ~♪
ぜひフォローお願いします。

10年点検でオーナー様宅へ訪問してきました。

2016.06.26
㈱清新ハウスの村山です。昨日、東区のK様宅へ10年点検で訪問してきました。10年との事で特に外壁、シーリングの点検を重点に行いました。窯業系サイディングを使用していたのですが、光セラ触媒が塗布された外壁、又、金具工法とあって、特に目立った汚れもなく光触媒の効果がでておりました。シーリングも劣化してくると弾力がなくなり、切れてくるのですが、触って確認すると弾力もあり、切れている所もなく良好でした。
DSCN3838
DSCN3839

屋根コロニアル瓦の修繕

㈱清新ハウスの村山です。4月に屋根(コロニアル瓦葺き)の点検をさせて頂いていましたお客様宅のひび割れていた瓦の交換工事を昨日施工させて頂きました。棟部分の瓦の交換工事でしたので棟板金を一旦外しての作業でしたが天気も良く、順調に1日で終わる事ができました。コロニアル瓦で厚さも薄く破損し易いので釘留めの際の下穴を開ける等、丁寧な作業が必要です。
DSCN3122
          工事着手前です。コロニアル瓦にひび割れがみられます。
DSCN3509
工事完了の写真です。棟部分を全て新しいコロニアル瓦に交換しました。新しいので色褪せした既存との色違いが目立ちますが止むおえません。屋根のテッペンですので外部からは見えない所です。

アプローチがいい感じ

㈱清新ハウスの村山です。平成19年に竣工のオーナー様宅へ点検で伺ってきました。以前、屋根の面戸にスキマが発生して、そのスキマ埋めを施工させて頂いていましたので、その経過観察で小屋裏を点検させて頂きました。オーナー様自作のアプローチ、レンガ敷きの自然な風合いでいい感じです。植栽も門型っぽくなり、人を招く感じになってきていました。
DSCN3479
DSCN3480
さくらんぼがなっていました。昨年は鳥に食べられてしまったそうで、今年は鳥に食べられない様にネットを張られています。味の方は少しスッパイそうですが、お子さんがおいしく食べているそうです。実がなる木は家族で楽しめていいですね。

2016.04.04春本番!外部の木部塗装工事メンテナンスを行いました!

2016.04.04

春本番!住まいのメンテナンスをする良い季節となりましたね。

今回は先日弊社オーナー様のお住まいにて完了しました、
「外部の木部塗装メンテナンス」をご紹介します!

場所は玄関のポーチ柱と玄関建具枠の塗装です。

まずは「ポーチ柱」Before↓
IMG_1965-e1459727991515
雨が当たりやすく、下の方に水が流れ、たまるので、
ポーチ柱の下の方は傷み、塗料が剥がれるのが早い箇所です。

定期的なメンテナンスは住まいと長~くお付き合いしていく為の大切なポイントです。
防腐剤を含んだ木部用塗料で塗装しましょう!

玄関ポーチ柱 塗装メンテナンス完了 After↓
IMG_2153-e1459727980253
柱全体を均一に塗り直してメンテナンス完了。
木部自体さほど傷んではなかった状態でしたので、
色もしっかり木部にのせることができました。

傷みのひどい木材の塗装となると、色もきれいにのらず、場合により木材の交換しなければならなくなったりと
倍の修繕費がかかるケースもございます。定期的なメンテナンスは大事ですね。


続いては「玄関建具枠」の木部塗装です。Before↓


IMG_1969
玄関は掃除をする機会も多い場所なので、水のしぶきや傷みも下の方に現れています。

ここは部分補修で傷んだところを塗装メンテナンスをしました。After↓
IMG_2154-2
塗装の剥げてしまった部分もしっかり補修し完了。

部分的な補修も住まいを維持管理する上で大切なメンテナンスです。


今回は玄関の木部塗装メンテナンスをお送りしました。
お客様をお出迎する住まいの顔【玄関】は、住われる方の第一印象でもあります。

皆様の玄関はいかがでしょうか。この機会に是非ご確認下さい!
塗装のご相談ご自身で塗装メンテナンスをしてみたいという方
ご相談、アドバイス承ります!その際は是非【清新ハウス】まで(^^)/





瓦屋根の修繕

予報通り気温が下がり みぞれまじりの雨が降ってきましたね
㈱清新ハウスの村山です。
築約27年のオーナー様宅
瓦屋根の谷の銅板部分
先日の晴れ間をねらって 修繕工事をさせていただきました。
人間の体 同様 家も定期的なメンテナンスが必要です。




DSCN1690
                         谷部分の銅板
DSCN1691
                           銅板に穴があいていました
DSCN1694
                         新しくステンレス板に交換しました
P1160016
                    話しは変わりますが 瓦屋根の場合 強風を伴う雨の時は
                  瓦下に雨が吹き込み 瓦桟をとめる釘が屋根垂木を外れていると
                  その部分より漏水する事例があります。
                  その事例をふまえて 弊社で瓦屋根を施工する場合
                  2重に木材をつけて 雨が吹き込んでもルーフィング上を流れて
                  外へ出ていく仕組み、また瓦を止める釘がルーフィングを貫通しない
                  施工を行っています。
                  雨が万が一 入っても でていく仕組みが重要です。    

○○○の季節到来(恐)

こんにちは クリエイトチームの相羽です

本日、弊社オーナー様お二方からお電話を頂きました。要件はどちらも同じ。

「奴が出た!」と。

そうです、今年もこの季節がやってきたのですね

※閲覧注意(お食事中の方は厳禁)

羽アリ
見えますか?そうです、羽アリです それもかなり大量に・・・
羽アリ

羽アリ


昨日まで寒かったのが、今日になって急に暖かくなったからでしょうか・・・

一方は玄関先から。もう一方は和室の畳下から羽アリが大量に発生していました。

これからの季節、羽アリ・シロアリが発生する時期です。

床下を乾燥させておくことや、基礎の周囲にはなるべく物を置かないように
(水気の無いような状態)すること、木片などシロアリが寄り付きやすい環境を作らないことなど、十分に気をつけてくださいね。
▲ このページの先頭へ